話せない犬猫の原病巣を発見するりえ先生のブログ

犬猫の行動から、日本の獣医大では未だ授業のない歯科治療のこと。皮ふだけを治すのでは治らない犬猫の皮ふを、真の原病巣を探ることで治すのが好きな獣医師がぼつぼつ書いています。

私の友達が犬猫飼ったら、速アドバイスすること。

 関西の友達には、自分の動物病院に来なさいと言うようで、中々言いづらいのですが 

関西以外で言うなら   

 

ワクチンや日々の体調不良に備えて

行きやすい動物病院を1軒かかかりつけにしておくことをオススメします。

耳の外来での治療は、可能な限り受けないことをアドバイスしています。

(ビデオオトスコープの無い先生達、ごめんなさい!)

そして、耳と歯に強い動物病院を2軒見つけてとアドバイスします。

(両方強い動物病院を私は今の処他に知りません。)

 

①子犬、仔猫は生後4ヶ月から6ヶ月過ぎたら

先ず、耳のビデオオトスコープの上手な

動物病院を探して、麻酔をかけて検査してもらおう!

と言います。

 

②子犬仔猫の時から歯科は歯科レントゲンを持って、カツ歯科のデンタルユニットを持つなら、多分歯科を勉強されてる可能性が強いから、もう一軒探して歯医者さんとしてお願いして、2歳になったら麻酔して

予防歯科をスタートしてもらう!

 

 

秋田の友人は、東北でビデオオトスコープをされてる?というより、内視鏡をされてるから、ビデオオトスコープを持つていて、

知人が私の話をきいて、ゴールデンの子犬と仔猫の耳を検査され、少し汚かったらしく

洗浄までは良かったのだけど、

動物用のステロイドと抗菌剤の点耳薬を入れたのが判明しました。

いれないでほしかったのだけど、私の知り合いでも無く、後の祭り

点耳による鼓膜の炎症も、心配なので

結局、秋田県から耳のビデオオトスコープの創始者である、栃木の犬猫の耳の病院の臼井先生の処まで

連れていき、その点耳薬を除去して貰うことになってしまいました。

やはり、2匹とも鼓膜が赤くなってしまっていたそうです。

500キロの道程を車で、犬猫別々の日に処置で行ったそうですが、北海道から別のゴールデンの飼い主さんか、耳が悪くて栃木のその先生のとこまで、治療に来られていてたそうで、自分が近い気がしてきた(笑)と言っていました。

耳のビデオオトスコープをされてると言えども、耳の治療に対して経験豊富な先生を選ぶことは、まだまだ大切なポイントなんだなと痛感しました。

 

当院の犬猫は、子犬仔猫の時に麻酔をかけたら、検査をするようにしています。

私は耳のビデオオトスコープを2013年8月からやって、現時点で累計5500頭はやっているので、飼い主さんの中には一匹目のワンちゃんが、元々予防歯科は子犬の頃からやっていたのだけど、途中私がビデオオトスコープをやるようになったので検査&治療をばっちりやると、皮ふのアレルギーと思っていたのに薬不要になった!という経験があるので

次の子犬(ダックスさん)は、外から耳は綺麗たったけど、顔も首もかくし絶対耳悪いと思うから!と4ヶ月になったら、麻酔して

ビデオオトスコープをやると、見事に外耳炎でした!

子犬の頃に、耳は母犬から細菌感染すると

私は推察してるので、子犬の耳の感染は鼓膜周辺におきてることがほとんど!

 

飼い主さんや獣医さんが気がつく耳のそとに見えるまで、数年かかることも多い気かします。

それで動物病院に行き、外に薬を塗ると、また外からは一見きれいに見えるようなのです。

アレルギーを疑い、血液検査すると

数値は食物アレルギーもアトピー高いことは多いのだけど、当院に来院された方は

私の説明を聞くと、耳のビデオオトスコープやつて、綺麗になってもまだ痒いなら

除去食します!

という方も増えてきました。

実際当院では、耳のビデオオトスコープをやると除去食をやめられる犬もたくさんいるのです。

 

これは、超最先端の話しで、免疫の世界では

まだ証明はできないそうです。

 

私が、歯科をやっていたことて、ほぼ全頭にビデオオトスコープをやって治してきた

経験からの話しです。

 

今、色々やって治らなかった皮ふが治った犬の体験談を飼い主さんに聞き取りして

出版の準備をしています。

写真は、その中の一匹

盲導犬のニース君です。

皮ふと耳がひどくて、盲導犬を早期リタイアしたワンちゃん。

昨日お母さんに、当時のお話を聞いたら素敵な言葉をいただきました。

「いつもは、春が来たら皮ふが痒くて可哀想な季節と思っていたけど、今なら春になったらもっとフワフワの毛が生えて、より可愛いニースになるのが楽しみな春なんです。」 って!

皮ふや耳が治って、ニースは幸せそうな顔になってきてとても嬉しいとも言ってくださいました。

元々ノンビリ真面目なワンちゃんでしたが、ホント最近は、ニコニコしているんですよ。

もっと早く、君にあえて治してあげてたら

辛い思いをさせなくて済んだのにと

ココロの中で、ごめんなさいと思う日々です。


f:id:petnomirai:20210124134843j:image

もっと早く、ここに来ておけば

何年も何十年も皮ふや耳の治療に通院しなくて良かったのに!

と言ってくださいます。

歯科も、歯石取りをずつしてきたのに

なぜこんなに悪くなったんだろう?!という飼い主さんは沢山来院されます。

 

それが、私がYou TubeやLIVE、ブログ、出版、ラジオをやる原動力になっているのです。世の中にひろめたい!

 

眼科や腫瘍、椎間板ヘルニアなど

難しい症例は、私もですが高度医療センターや大学病院に紹介するのが、通常になっているのに、何故か歯科と耳の治療は

歯科の授業が獣医大学では基本無い為、

歯科が歯石取りか抜歯と思っている獣医さんが、獣医大の先生でさえまだ多い感じがすること。

医大や大きな動物病院でも、歯科レントゲンやデンタルユニットも無いのはほとんどでは?と感じられますから、そうなると診断も出来て居ない状況の推察できます。

耳は、内視鏡のある動物病院は、付属品としてビデオオトスコープを持っていたりされるようですが、そもそも耳の治療に使うことを発案し、確率されたのが栃木県の犬猫の耳の病院の臼井先生なので、まだまだやり方や治療の仕方は、VEPという獣医耳の研究会に出て無い限りは、先生のやり方そのものを知らないと思っています。勿論この会に出たから耳のビデオオトスコープ治療か出来るワケでは無いのですか、私は臼井先生のやり方や考え方がバーフェクトだと尊敬しているのて何とか真似て、やれることをずっと目指しているつもりです。自分なりのやり方も8年やっていると掴んできているつもりですが、

子犬仔猫の時からや、1日でも早く耳も歯もスタートすることが、犬猫の健康には

必須だとさえ思っています。

一生皮ふと耳、歯科に後悔しないようにしてあげたいなら、必ず抑えておいてほしい

ポイントとさえ思っています。 

今は、友達にだけ言ってきたのだけど。

 

 

私の離れている友達の犬猫には、

出来るだけ健康に生きていてほしいとおもつて、こんなアドバイスをしています。

近くの友達や知人や親類には、逆にセールスのようで実は言い辛いので、難しいところです。

 

でも、せっかく犬猫を飼おうと思いたった知人には、今の獣医業界の内情は絶対にわからないので、色々迷わないで1番最短距離で

病気にならないか、予防して健康で暮らしててほしいと思っているので、たまにそんなアドバイスをこっそりしています。

 

私が30年以上獣医師をやってきて、

長年関西で2つ開催されるあ獣医向けの総合学会に参加し、

歯科や皮ふ、アレルギー、耳の勉強会、研究会、学会、アメリカの歯科や皮ふの学会にも行ってきた、アチコチ手を拡げてしまった私が、犬猫を飼っている飼い主さんに

これだけやっとけば、最低限健康で居てくれるハズ!と思える2つのことを

書いてみました。

きっと何十年、何百年したら

世界中で、犬猫の常識になって、もっと早く知ってたら良かったと悲しむ飼い主さんが減り、これらをやる獣医さんが増えることを祈っています。

 

 

鼻が出てる猫の飼い主さん必見!

 

https://youtu.be/H4ytHeSX3fU

 

この子猫ちゃんは、犬を飼っていた

飼い主さんが、駐車場で倒れていたのを拾ったから預かって欲しいと私の病院で入院させていた子猫でした。

鼻水が出て頭もちょっと斜めを向いていました。食欲もあまりなく、猫の鼻風邪疑って抗生物質を使ったり、インターフェロンを使ったり、点滴をしたり流動食を食べさせてあげたりしていました。

飼い主さんからはこんなに弱っていたら安楽死も考えた方がいいのかしらという状態でした。


その仔猫が、預かって数日目、急にぐったりして死にそうになってしまいました。


まだ500 G あるかないかの子猫ちゃん。咄嗟に私の頭の中には脳炎の勉強会で、「猫は鼻から中耳炎になって農園になることがあるから気楽にステロイドを使わないように」という、先生の言葉が頭に浮かびました。気管チューブも入らないぐらい小さな猫だったのですが、ぐったりしてしまって動かず、気管チューブを入れて究明するのも難しく、とっさに耳を診てみよう!とビデオオトスコープを耳に入れて見てみました。

するとなんと子猫の片方の鼓膜が完全に破れて浸出液が出ていたのです。

とっさに生理食塩液を入れて洗浄してみました。

倒れた時に、飼い主さんにもうだめかもしれないととっさに電話したのですが、その飼い主さんが慌てて車で30分かけて駆けつけた時にはその子猫さんは何もなかったようにご飯をバクバク食べるようになっていたのです。

それから、耳の菌を検査センターに出し抗生物質を決め、約一週間おきに水をかけてビデオとスコープで破れた耳を洗浄していきました。


途中耳の奥の状態を確認するためマイクロビデオとスコープで検査してもらったところ中耳炎が診断されました。

合計5回洗浄したのですが、途中中耳骨という耳の骨も奥から浮いてきました。

その骨が中耳骨であったという診断は麻布大学の解剖学研究室で診断してもらいました。

とても元気になりふらつくこともなくまっすぐ歩けるようになったため、その子猫はもらわれていきました。

生後5ヶ月になり発情期を迎え去勢をして欲しいということで再度麻酔をかけ耳のビデオとスコープで検査しました。

すると鼓膜の破れた方の中耳のこしつほうと言われる部分は、感染のない、ツルンとした感染の見られない

良い状態になりました。

それから、当院では鼻の出ている仔猫は、マイクロCTで検査してもらうように飼い主さんにお願いすると、

中耳炎になっている猫も数匹みつかり、ビデオオトスコープで鼓膜を破り洗浄するようになりました。

昔から拾った子猫さんが急変してなくなるという経験をしてきましたが、このように鼻風邪を引いている子は中耳炎を起こし脳炎起こし亡くなることも多いのではないかという推察をしております。


それ以後、当院では鼻の出ている猫は

歯の治療も兼ねて麻酔をし、鼻洗浄やビデオオトスコープで検査を

して、早期に鼓膜の破れた猫を発見し、中耳炎の早期発見や脳炎を防ぐようにしています。

高齢猫の夜鳴き、クルクル回る猫は

それ、認知症でなくて

中耳炎や耳から脳炎を起こしてる例も多数見つかっていて、ビデオオトスコープで助かった例もたくさんあります


皆さんも、鼻が時々出る猫さんは、

鼻洗浄と

ビデオオトスコープ検査をしてみることをオススメします!

 

 

テレビ「ワールド極限ミステリー」出演終わりました!

無事、初テレビ出演終わりましたー。
お騒がせしました(汗)


f:id:petnomirai:20210120225311j:image


子猫の救出場面では、私も実は
ドキドキハラハラ。

死にそうな、捨て猫
沢山診てきたから、リアルはもっと
すごい可哀想な状況だったりしますから

ネットに入ってたのは、我が家の猫の菜子です!
最初は、うちの2匹の猫を出演させようとしたのだけど、ウ~ン無しで!と言われちゃったのです。
番組構成上、確かに不要
でも、猫をネットで治療してるシーンください!と後日要請があり
ヤッターと、撮影して動画を送ったのでした。
注射はビタミンです!


写真はお友達が、写メして送ってくれました。
ありがとうございました(=^・^=)

麻酔の話しをラジオで話してます!

https://stand.fm/episodes/600452f16e04f77606a158ff
スマホにアプリを入れたら聴ける、スタンド FMラジオで
飼い主さんに良く聞かれる麻酔の話しをしてみましたよー

体験談を出版する為に、 インタビューをスタートしました

https://stand.fm/episodes/6001aeba6e04f73924a12b45

色々やっても治らなかった皮ふが治ったワンチャンの飼い主さん達の
体験談を出版する為に、
インタビューをスタートしました
お話しをラジオで録音しました!