アメリカの歯科、口腔外科を日本に拡めること&犬猫の皮ふや耳は皮ふだけ治療しても治らない!をモットーにやってます!

歯科、行動学、皮ふ、オーソレモキュラー療法、免疫学やアレルギー、色々なことに興味をもってやってきたことが、やっと犬猫達を本当に元気にするには?!ということにやっと結びついた感じがしています。そんな私の独り言のブログです。

口の痛い猫の飼い主さんは、どうする?!

お口の痛い猫さんと飼い主さん、来院しました(=^・^=)

道端で、倒れて横たわっていたそうです。

前は数カ月、糖尿病との診断でインシュリンも打っていたそうです。

猫は、一過性にストレス等で高血糖になるので、糖尿病と診断するのはちょっと難しいのですが。

今は血糖値正常で、インシュリンは打ってないそうです。

こんな猫ちゃんは、口が痛いから水や食事が減ったりする→脱水→便も硬くなる&口がネバネバする→余計口痛い→便も硬くなり出づらい≒出づらいのは便秘と言うよね!

→食事や飲水量減る→体調不良→余計口痛い

の負のループに陥るのです!

麻酔怖いかもだけど、

20歳の犬と21才の猫もお口の治療をしてきて1万匹以上歯科や耳オトスコープ治療で麻酔かけてきて、当日夜に脳血栓と思われる症状で亡くなった犬と、3日後に膵炎で亡くなった猫ちゃん

酷くならないうちに

食べてるうちに、