アメリカの歯科、口腔外科を日本に拡めること&犬猫の皮ふや耳は皮ふだけ治療しても治らない!をモットーにやってます!

歯科、行動学、皮ふ、オーソレモキュラー療法、免疫学やアレルギー、色々なことに興味をもってやってきたことが、やっと犬猫達を本当に元気にするには?!ということにやっと結びついた感じがしています。そんな私の独り言のブログです。

口の中に出来る腫瘍って?その①

口の中に出来る腫瘍って、どんな風に
どんな場所に出来るのでしょうか?

堀ちえみさんの舌癌の報道で、少し興味を
持って下さる方も出て来られたように感じます。

人はこんな感じだそうです。

f:id:petnomirai:20190616220544j:plain

犬猫も同じように、色々な場所に
腫瘍が出来ます。

人の口の腫瘍の死亡率は、実は乳がんより
高いそうです。

でも、怖がらないで下さい。
早期発見して治療すれば、80%の治癒率とも。

動物も、同じように早期に見つけて、
的確な治療をすれば、同じように
治癒率も高かったりするのです。

ただ、話すことの出来ない犬猫達は、私達が見つけてあげることが必須です。

腫瘍も良性悪性に関わらず
色々な腫瘍の現れ方をします。

例えば
①舌の上に潰瘍になるタイプ


②舌の上に塊を作るもの


③舌の中に出来るもの


④歯肉(歯茎)の上に潰瘍を作るもの


⑤歯肉(歯茎)の上に塊を作るもの

⑥歯の生えている骨の中に隠れるように
出来るもの

⑦歯の生えてる骨が腫れるもの 

⑧上顎の口蓋に出来るもの

9 唾液腺にできるもの
10口の粘膜に出来るもの


ざっとあげて、こんな感じです。


口の治療といえども、
歯周病だけが、口の病気ではないのです。

3歳以上犬猫の8割以上がなっているという
歯周病ですが、顎の骨の腫瘍と
区別するにも
歯科専用のレントゲンは必須!

日本の動物病院1万軒のうち、
2017年度調べで、歯科レントゲンの保有率は500台とのことでした。

さぁ、歯の治療を受ける前に
かかりつけの先生に
歯科レントゲンを使われるか
お聞きしてみませんか?

そして皆さんも
一度そんな目で、犬猫達の口の中を
見てみて下さいね!