話せない犬猫の原病巣を発見するりえ先生のブログ

犬猫の行動から、日本の獣医大では未だ授業のない歯科治療のこと。皮ふだけを治すのでは治らない犬猫の皮ふを、真の原病巣を探ることで治すのが好きな獣医師がぼつぼつ書いています。

耳が腫れていたコッカースパニエル君、耳が少し開いてきました!

 

これはコッカースパニエルの5歳の耳です。

耳のオトスコープ治療法は、栃木県動物の耳の病院をされてる臼井先生が発案した治療法です。

特に重症化しやすいのがコッカースパニエルやキャバリアや、フレンチブルドック

顔を少しくしゃくしゃって縮めようと

交配をしている時に、耳の中も変形をしたのかなぁと推察しています。

前回までに

耳から検出された菌やカビは

○マラセチア

○深在性膿皮症の菌でもあるスタフィロコッカス インターミディウス菌

緑膿菌

飼い主さんの主訴で1番お多いのが黄緑色の耳だれを何とかしたい!ってのは

緑膿菌の仕業が多いんですが、

真の悪役はスタフィロコッカス!

 

動物アレルギー検査センターで食物アレルギーを検査し、除去食もバッチリ決めました!

あまり沢山のアレルゲンを持って居なかったのも幸いし、薬の為のおやつはポテトと牛肉に!

 

さて2回目迄の1週間の様子をお聞きすると

○頭を振れるようになった←痛みが減った

○元気になってきた

○耳が少し聞こえるようだ 

○耳だれが出なくなった

○元元治したかった皮ふがよくなってきた

 

でした。


f:id:petnomirai:20191211140820j:image

皮ふを治すのは、比較的簡単なんです。

耳と歯科の感染を取れば!

歯科は歯周病にはなっていたけど、抜く程でなく、今後丁寧にケアしていくことに!

 

昨日は2回目の耳オトスコープをやりました。

少し腫れが引いてきましたが、5フレンチの

オトスコープにハイルサイズの栄養カテーテルがギリ入るレベル!

猫でも30本は入る耳道のサイズなのに、12キロ級のコッカー君がこんなに耳道が腫れてしまい、可哀想です。

マイクロCT検査で鼓膜や耳の奥の検査はオススメしている処です。  

手術適応にしても、まず少しでも綺麗に耳道をしていくこと!

菌に打ち勝つこと!

それには、頻回洗浄です!

このお家はなんと、車のナイ飼い主さんに代わりトリマーさんが連れてきて下さいます。

皆さん頑張ってます!

コッカー君の免疫頼んだぞ!

私達も全力で頑張ります!