アメリカの歯科、口腔外科を日本に拡めること&犬猫の皮ふや耳は皮ふだけ治療しても治らない!をモットーにやってます!

歯科、行動学、皮ふ、オーソレモキュラー療法、免疫学やアレルギー、色々なことに興味をもってやってきたことが、やっと犬猫達を本当に元気にするには?!ということにやっと結びついた感じがしています。そんな私の独り言のブログです。

歯周病で犬歯を抜いたら穴が空いた猫ちゃん


f:id:petnomirai:20200121181058j:image

f:id:petnomirai:20200121180920j:image
歯周病で、犬歯の根っこの骨が腐っていた

12歳の猫ちゃん。


f:id:petnomirai:20200121180814j:image


f:id:petnomirai:20200121181022j:image

抜いた歯は、根っこまで歯石

歯茎から下の根っこの歯石=歯肉縁下歯石と言うのですが、特徴は血が混じるので

口の見える歯石=歯肉縁上歯石の白っぽいのと違うんです。

見えてない歯茎の下ところに、プラークが歯を伝って骨が腐って、歯石になったのです。

骨を腐らせたのは、プラーク歯周病菌!

ですよ!

f:id:petnomirai:20200121181127j:image

 

歯を抜いて10日程間をおきました。


f:id:petnomirai:20200121181533j:image

歯肉の炎症は治まったので、歯周病に侵された頭の骨を綺麗にして、

①その穴を埋められるよう歯肉をカット!

②歯肉を破らないように、そ~っと骨から、骨膜剥離子という道具で歯肉を剥がしていきます。

破ると血流悪くて穴を閉じるのに使えなくなりますから。

②炎症でボコボコになつた骨を削って

デンタルバーの種類を変えつつ、スムージングします。この骨をツルっとしてあげることで、上から歯肉を載せても炎症が起きないレベルに仕上げるのが、コツ!

骨形成

③下の上顎の口蓋も骨からはずします。

歯肉を縫い付ける側も、骨からはずして、針が通るように&少しの引っ張りにも動けるようにしておきます。

④歯肉は穴を塞ぐには、まだまだ足りないので、歯肉の裏の筋膜を切って、歯肉が延びやすくします。破らないように!

 

⑤歯肉を溶ける細い糸で、血流阻害しないよう縫います。


f:id:petnomirai:20200121182803j:image

これで終わりーー!

 

あとは、傷を触らないように、エリザベスカラーをします。

 

歯肉を延ばす処置をしましたが、麻酔が覚めると口も動くので、その引っ張りに負けて糸がきれないように、顔を保護します!  

 

歯肉が引っ付く+骨が再生するのに、3週間!

 

どうか元気になりますよーに!