話せない犬猫の原病巣を発見するりえ先生のブログ

犬猫の行動から、日本の獣医大では未だ授業のない歯科治療のこと。皮ふだけを治すのでは治らない犬猫の皮ふを、真の原病巣を探ることで治すのが好きな獣医師がぼつぼつ書いています。

猫の歯周病は骨が腫れる!


猫の犬歯が歯周病になると、

歯周病は骨の細菌感染なのと、猫の歯の植わっている歯槽骨は、犬や人より薄い為

歯周病になると骨が腫れて、犬歯が押し出されて伸びた感じになります。

 


f:id:petnomirai:20210416080003j:image

最近、鼻から血が出てなめていたと、飼い主さんがおっしゃるので、歯の内側に歯周ポケット測定のプローブを入れると

1センチ以上入りました

この猫は、目の空いてない頃から診察させていただいていて、今糖尿病治療でインシュリンも打ってもらっていました。

ちょっと歯のケアが1年以上空いてしまい

4ヶ月前位前に、歯科ケアで異常を発見し

飼い主さんとの予定をあわせて

歯の処置を決めていました。

これ位だと、普通に食べているので

飼い主さんには、外からでは

わからないと思います。

獣医師でもプローブいれたり、歯科レントゲン撮影しないと、外から見るだけでは

診断は難しいと思います。

これは人の歯医者さんも同じですね! 

f:id:petnomirai:20210416070513j:image

猫の歯周病は、特に犬歯の部分は

歯周病でやられる骨が薄いので、

○骨が膨らむことがおおい為、歯肉も腫れた感じ

○それに伴い、犬歯が押し出される=挺出テイシュツという、状態になることが多いです

 


f:id:petnomirai:20210416070718j:image

レントゲン撮影では、歯の周りの骨が溶けて無くなっていて、歯の根の一部も腐って溶けていますね

猫の場合は、

歯肉を切って、骨を削って歯を抜くようにしています。

普通は歯を抜くエレベーターを、歯の縁に

沿っていれて、骨と外して抜くのですが

 

猫は歯も、骨も弱いのでムリすると、両方折れたり、割れたりと

大変なことになることが想定されるので

骨を削って歯を抜ぬことを私はよくやります。

歯周病で感染した骨の根の辺りや、炎症で膨らんで増生した、歯が生えていた骨も、きれいに削ってしまわないと

歯肉でその穴を覆って縫えないのです。

 

f:id:petnomirai:20210416070741j:image

 

これは、猫の頭のモデルに抜いた歯をあててみました。

深いでしょ?

簡単には抜けないし、このまま骨が腐って顔に穴があいて、膿がでるまで

飼い主さんには気がついて貰えないことになるのが、この構造からの理由です。
f:id:petnomirai:20210416070847j:image

抜いて、腐った骨を削って

中の歯周病で出来た膿や組織をガンガン洗浄して

歯肉を傷んだ場所をトリミングして

歯肉を延びるように歯肉フラップを作って

溶ける糸で縫いました。


f:id:petnomirai:20210416070911j:image

中で骨が出来るまで、約3週間エリザベスカラーをして、糸が切れないように

柔らかいフードを食べて貰います!

 

口の動きについていけるように、歯肉フラップを作って、歯肉を痛めないように縫うのが

1番大変で、気をつけているところです!

 

今この子は、オペして一週間たち、

痛くて涙出ていたらしいですが、涙が出なくなったそうです。

鼻血は微量だったからなめてしまって

写真撮影できてないのですが

可哀想でしたが、コレで他の歯は大丈夫なので歯磨きは可能な範囲でやっていただき、半年に一回位麻酔して歯のケアを人と同じようにしていく予定です!

 

猫の歯の治療最高年齢は、私は21歳です。

この子もずっとケアできるよう

祈ってます!

 

 

グラグラした歯を無麻酔で抜いただけで大丈夫?

先日こんなご質問があったんです

その人は猫ちゃんの飼い主さんでした.

ぐらぐらしてる歯が抜けそうなんですって.

 

で動物病院の先生が今度麻酔なしで抜いてあげるからって言われたんですって。

そんなことをしても大丈夫なんでしょうか?という質問でした。

ちょうどその時、お知り合いの歯医者さんも一緒にこのお話を聞いてたんです。

いや歯抜けたままじゃ歯周病治らないですよと。 

そのぐらぐらしてる歯の根のついていた骨などを掻把(菌に感染した部分を取り除くこと)しないと歯周病は治らないですよね!ってのが私の答えです。

で歯に関して言えば特にですけど、どうしても獣医さんの見立てっていうのが全然違うんです。私は1万頭以上20年以上にわたって犬猫の歯科をやってきた勉強もさせて来て頂いたという経験から言わせていただくと、歯周病って抜けたから終わりではないんです。

 

その歯医者さんのおっしゃるように歯の根っこに菌が入って骨が腐ったから、その歯がグラグラになったんです。

グラグラになった歯が抜けて上に歯茎ができたから菌はいなくなると思いますか?

ちょっと無理なんですね。そうすると何をするべきかと言ったら、今回その歯を支えていた骨とか顎の骨や周りの歯茎とか組織には歯周病菌が残っているわけです。

特に歯周病菌っていうのは空気が嫌いな菌ですから、歯がなくなり上から歯茎で蓋をされると余計中で菌が喜んでしまって増えやすいのです。

そこらの感染のある組織を取り除いて人間の場合はそのまま歯肉(歯茎)を縫わ,

ないままオープンってこともあるようなのですけど。

私は犬猫の場合は基本的には歯肉を縫います。

そっちの方が歯肉の伸びる速度の方が、骨が出来る速度よりも早いもんですから。

骨ができる前に歯肉が延びてきて歯が抜けた穴の中に入っちゃうぐらいの大穴を開くこと多いし、歯が抜けたあとに骨をきちんと作る意味でも、歯がぬけたり 抜いた上で、抜けた穴の中をきれいにすることが歯周病の感染を治療するのにすごく大事なんです。

 

ですから私だったら麻酔をかけて、抜いた根の周りの組織の菌で腐った部位を取り除いて綺麗にして他に歯周病がないかとか歯肉炎や歯周炎がないかをプロ-ブで確認したり歯科レントゲンで確認しましょう!と飼い主さんにお伝えすると思います。

ご参考になれば幸いです!

どうぞお大事に 





グラグラした歯を無麻酔で抜いただけで大丈夫?

先日こんなご質問があったんです

その人は猫ちゃんの飼い主さんでした.

ぐらぐらしてる歯が抜けそうなんですって.

 

で動物病院の先生が今度麻酔なしで抜いてあげるからって言われたんですって。

そんなことをしても大丈夫なんでしょうか?という質問でした。

ちょうどその時、お知り合いの歯医者さんも一緒にこのお話を聞いてたんです。

いや歯抜けたままじゃ歯周病治らないですよと。 

そのぐらぐらしてる歯の根のついていた骨などを掻把(菌に感染した部分を取り除くこと)しないと歯周病は治らないですよね!ってのが私の答えです。

で歯に関して言えば特にですけど、どうしても獣医さんの見立てっていうのが全然違うんです。私は1万頭以上20年以上にわたって犬猫の歯科をやってきた勉強もさせて来て頂いたという経験から言わせていただくと、歯周病って抜けたから終わりではないんです。

 

その歯医者さんのおっしゃるように歯の根っこに菌が入って骨が腐ったから、その歯がグラグラになったんです。

グラグラになった歯が抜けて上に歯茎ができたから菌はいなくなると思いますか?

ちょっと無理なんですね。そうすると何をするべきかと言ったら、今回その歯を支えていた骨とか顎の骨や周りの歯茎とか組織には歯周病菌が残っているわけです。

特に歯周病菌っていうのは空気が嫌いな菌ですから、歯がなくなり上から歯茎で蓋をされると余計中で菌が喜んでしまって増えやすいのです。

そこらの感染のある組織を取り除いて人間の場合はそのまま歯肉(歯茎)を縫わ,

ないままオープンってこともあるようなのですけど。

私は犬猫の場合は基本的には歯肉を縫います。

そっちの方が歯肉の伸びる速度の方が、骨が出来る速度よりも早いもんですから。

骨ができる前に歯肉が延びてきて歯が抜けた穴の中に入っちゃうぐらいの大穴を開くこと多いし、歯が抜けたあとに骨をきちんと作る意味でも、歯がぬけたり 抜いた上で、抜けた穴の中をきれいにすることが歯周病の感染を治療するのにすごく大事なんです。

 

ですから私だったら麻酔をかけて、抜いた根の周りの組織の菌で腐った部位を取り除いて綺麗にして他に歯周病がないかとか歯肉炎や歯周炎がないかをプロ-ブで確認したり歯科レントゲンで確認しましょう!と飼い主さんにお伝えすると思います。

ご参考になれば幸いです!

どうぞお大事に 





樺沢紫苑先生が犬猫と暮らす幸せについてお話しして下さいました。

こんにちは!
私は、仕事以外の勉強会では
5年ばかり精神科医の樺沢紫苑先生の勉強会に入っています。
なぜ入ったのかと言われると、仕事の内容を出版やYou Tubeで発信していくことに、学会であるとか業界との関係をどうやって樺沢先生は対処して来られたのか相談させていただきたかったからです。
その樺沢先生が犬猫と幸せについて、You Tubeでお話しして下さいました。

https://youtube.com/playlist?list=PL1gV4_eisFl9R_Leoi5i82PXGlkEQJsL7

良かったら見てみて下さいね!
本も新刊がてるようです。
良かったら皆さんも読んでみて下さいね!
都合つけば、出版記念イベントにも参加する予定です。

 

 

 

明日日曜は、呼吸器内科の先生とコラボライブです!

明日日曜、午前11時からFacebookで呼吸器内科の専門医の潤子先生とコラボライブをさせていただきます!今犬の誤嚥性肺炎が増えているらしく歯周病の犬は沢山居る!人の口の環境と誤嚥性肺炎の関連をお話しして下さるとのことでスゴク楽しみ!

日曜午前11時スタート!
https://www.facebook.com/junko.nakata.967
f:id:petnomirai:20210227120608j:image

お腹舐めてハゲてる 猫🐱の御相談あり

今日YouTubeライブでお腹舐めてハゲてる
猫🐱の御相談あり
ストレス?アレルギー?って

私の治療経験から
多分便秘のせいかな?と
時々吐く猫もそかなと
毛玉予防のフードは🙅🏻×
皮下点滴で水分補給してあげたら
治る猫多いんよね
予防は、皮下点滴が楽!

リーズナブルに時々かよえるよう

生き生き点滴クラブってのを

当院ではやってます!

猫だと点滴1回無料になる、

料金設定です!


あとは冬なら湯冷まし

普段から水分多めスープやつゆだく缶詰オススメします。

もオススメ

 

冬こそ犬猫に服を着せてみよー!

朝起きて、というよりうたた寝から起きて、パソコンで仕事しよーかな?と足元にゴールデンの花音が来れるように、敷物を引くと
ちび達2匹がチャッカリと。 


f:id:petnomirai:20210218053550j:image

ちび達が乗ると、花音は遠慮して
マットの無い処で寝てしまうのです。
写真見て気づいたのだけど、
ダックスの前腕の袖が脱げてるわ(笑)
手が短いので、たまになります。
上の、Fの字の子は皮ふの良性腫瘍が出来てしまい、自分で触るので出血するので、傷予防今度のオペするまで、手足の袖の長い伸縮性のある服を着せました。

犬猫に服を着させるナンテ、過保護ダァと昔は良く言われたもんですが、こうやって怪我やリハビリのサポートに今は良く服タイプの服が開発されています。
腰が弱って、歩きづらくなっても
服に紐を付けたりすると、
介助もしやすくなるんです。

でも服を着るのに慣れて居ないとか、嫌がる犬は、急にそのような状態になってもの、断固拒否して大暴れしたりします。
柴犬とか多いかな?という感じ

だから、柴犬とか服を着せて歩くイメージ?が無いですが、
若い頃から冬とかにでも、腹巻きからスタートして、慣らすように
アドバイスしています。