アメリカの歯科、口腔外科を日本に拡めること&犬猫の皮ふや耳は皮ふだけ治療しても治らない!をモットーにやってます!

歯科、行動学、皮ふ、オーソレモキュラー療法、免疫学やアレルギー、色々なことに興味をもってやってきたことが、やっと犬猫達を本当に元気にするには?!ということにやっと結びついた感じがしています。そんな私の独り言のブログです。

 犬の歯科

ペットのお仕事の方の歯と皮ふ、耳のセミナーやります!(動物病院関係者以外)の

この記事が 犬猫の好きな芸能人の方に届くと良いなぁ。影響力高いから! 絶対に知れば世界中の犬猫のアレルギーと皮ふと耳の治療法の世界が変わるハズ! 先ずは、飼い主さんと日々接するペット関係のお仕事の方に拡めることに。 今回は10周年記念だし、パッ…

歯科治療をスタートしてみたい獣医師の方へ

今日は、歯科を始めてみようと思っている獣医師の皆さんに書いてみます。 日本の動物病院の歯科レントゲンの保有率は約1万軒ある動物病院で、約800台とか歯石取りをしていない、動物病院は殆ど無いと感じています。 それは、獣医大学では今も基本歯科の授業…

私がビデオオトスコープ治療にハマったのは2013年8月~そして大発見!!色々やっても治らない皮膚を治せることが増えた!

プードルさんやマルチーズなど、涙やけを気にしておられる方は結構多くおられます。 私が皮膚やアレルギーの学会まで入るようになったのも、 きっかけは涙やけ。 20年前から、歯科をやっていた私は 歯周病を手術など苦労して、飼い主さんが一番喜んだのが 実…

私のセミナーを聞いて歯科の治療に来られたプードルさんの歯と耳が!

2019年12月に、以前当院に歯科治療に来て下さったプードルの飼い主さんが居られました。その方は、歯科に詳しい動物病院を探してナント、兵庫県の上郷郡という姫路の向こうから来院して下さった、プリンセスさんというトリミングサロンをされておられる方で…

獣医さんが耳や歯を様子みて下さいと言うこと

時々歯や皮ふ、耳で困った飼い主さんからお電話で問い合わせがあります。 歯が悪くて、色々な動物病院に行ったのですが○様子をみましょう○もう高齢だから麻酔をかけてするのも何だから様子をみましょう○短頭種だから麻酔は怖いので様子をみましょう こんな風…

そのニオイは口から?耳から?

吐息が臭うんですが? そんな時は、過去の経験では殆んどが 歯周病&耳の鼓膜の辺りの感染でした。 2歳過ぎた犬猫のほぼ90%は歯周病=歯肉炎&歯周炎 歯茎=歯肉が赤くなくても、骨の奥に感染があるか?!は プローブと歯科用レントゲンで探します。 他院で治…

犬の噛むおもちゃ やガムの選び方

忙しいときなど、少しでも静かにしてもらおうと 噛むモノをあげるお家や プレゼントにいただくお家も あるのではないのでしょうか?? さてそんなときの犬の噛むモノの選び方! もちろん、歯石が付きづらいからあげるなんてことは 人もやらないように、意味…

耳が腫れていたコッカースパニエル君、耳が少し開いてきました!

これはコッカースパニエルの5歳の耳です。 耳のオトスコープ治療法は、栃木県動物の耳の病院をされてる臼井先生が発案した治療法です。 特に重症化しやすいのがコッカースパニエルやキャバリアや、フレンチブルドック 顔を少しくしゃくしゃって縮めようと 交…

皮ふの悪い犬猫は、見えない耳の奥と歯周病が真の原因かも!

歯周病は、何回もしつこく言いますが歯石で起きる病気ではありません!←ココ大切! 歯石、特に皆さんが口を見て見える歯石=歯肉縁上歯石は死んだ菌が!口の中の唾液のミネラルで石灰化した菌等の死骸です。 歯石下の方とか、死にかけの菌もいるし、1番上は…

無麻酔の歯石取りは何故だめなのか?!の勉強会に参加してきました。その①

大阪の臨床動物医学学会に参加し、 午前中は歯科のセミナーに参加してきました。 テーマは無麻酔の歯石取りの問題点について です。 テーマは無麻酔ではダメで、麻酔かけて歯石取ろうよ!って感じですよね?でも、そもそも歯石取りという言葉を 使うのやめま…

歯周病での抜歯は、抜いた後の処置がとても大切!!

重症のプードルさんの歯科治療をした処、 下顎の第1前臼歯の顎の骨が溶けてしまって、折れそうになっていました。 骨が溶ける?!ってどんな感じ?と疑問に思った方 私がどうやって、それを見つけるか? ですが、歯科専用レントゲン撮影して診断します。 レ…

8歳の犬の歯周病!

歯周病で上第4前臼歯と第1後臼歯の根っこ出てる!=歯根露出の8歳の犬! この歯は、根が3本あって内側がしっかり骨に埋まってグラグラしません。歯根は1センチ露出してます。 この歯の根は眼窩下動脈をまたいで生えています。真上は数ミリで目です!この歯は…

無麻酔の歯石取りって良いの?

先日、東京の学会に行った時のことです。 とある会の仲間のみなさんと、犬猫の相談会をしました。 その時に、一番質問が多かったのが どこの動物病院で口の治療をしてもらったら良いの? という後相談でした。 犬猫の口の病気で一番多いのが 歯周病! 歯周病…

口の中に出来る腫瘍って?その①

口の中に出来る腫瘍って、どんな風に どんな場所に出来るのでしょうか?堀ちえみさんの舌癌の報道で、少し興味を 持って下さる方も出て来られたように感じます。人はこんな感じだそうです。犬猫も同じように、色々な場所に 腫瘍が出来ます。人の口の腫瘍の死…

歯のセミナーやりますよ!

3ヶ月齢の子犬の歯が折れたら? その3

これが、折れていない3ヶ月齢のボーダーコリーの 乳歯犬歯です。 1㎝くらい外に出ています。 これが 折れている方の乳歯犬歯 2ミリ位ですね これが、折れた乳歯犬歯の抜いた、歯の根っこ 2㎝近くあります。 このように、犬の歯の根は、人よりとても深いのが …

3ヶ月齢の子犬の歯が折れたら?その2

こちらが、折れた上の乳歯犬歯 乳歯の神経と血管が露出してしまっています。菌がそこから、入ってしまいます。 成犬なら感染した神経を抜いて、詰め物をして治します。 歯科レントゲン撮影をすると、 乳歯の下には、永久歯の赤ちゃんがギッシリ! このままで…