アメリカの歯科、口腔外科を日本に拡めること&犬猫の皮ふや耳は皮ふだけ治療しても治らない!をモットーにやってます!

歯科、行動学、皮ふ、オーソレモキュラー療法、免疫学やアレルギー、色々なことに興味をもってやってきたことが、やっと犬猫達を本当に元気にするには?!ということにやっと結びついた感じがしています。そんな私の独り言のブログです。

12歳の猫ちゃんの歯周病が酷く抜歯した後は?


f:id:petnomirai:20200211220441j:image
f:id:petnomirai:20200211220441j:image

溶ける上の犬歯の周りの歯茎は最初は真っ赤!

奥の骨が腐っていました


f:id:petnomirai:20200211213739j:image

レントゲン撮影したら、犬歯の周りの骨が空洞になっています

これは歯周病で骨が腐って溶けたのです。

1月11日です。


f:id:petnomirai:20200211214039j:image

 

口の中を歯石取ったり、必要な場所は

ルートプレーニングもして、ポリッシュもしました!!

グラグラした歯を抜いたら、大きな穴が!

抜いたら終わりではありません!

歯周病は歯の周りの骨に菌が散らばってる状態

骨も汚いんです。

そして、口の炎症が収まる頃を見計らって


f:id:petnomirai:20200211214525j:image

この穴の下の汚い骨を削りとってきれいにして、歯茎=歯肉で覆います。

専門用語でいうと骨形成と歯肉フラップを実施しました。


f:id:petnomirai:20200211214807j:image

歯肉を切って歯の生えていた歯周病になった骨を出して、きれいにします。

そして歯肉をきれいに整えて穴をきちんと縫います。

そうすると、ここに骨が出来ます。


f:id:petnomirai:20200211215015j:image

人が胃腸とか縫うような溶ける細い糸で縫います!←ここ大切!

 

細かく縫いすぎると、血流が阻害されて

縫った歯肉が腐り落ちてしまいます。

又、口の中は良く動く場所なので

その動きについてこれるよう、歯肉を裏から薄く筋膜を切って、歯肉が延びるように加工します。歯肉をひっつける上の顎の口蓋(ギザギザの部分)も骨から剥がします。

そうでないと、針がかけられませんし、

口の動きについてこれず、口蓋側も歯肉もちぎれてしまいます。

猫の歯肉は薄くて、皮ふのように他のところから持ってこれないので、針を刺す時も破らないように、丁寧に縫います。

破れたら、血流が阻害されてもうその歯肉は使えないので大変ですから、もう細心の注意を払います。

骨を覆う歯肉がないと、骨が死んでしまうので骨折して、骨が露出しているのと同じで

感染で死んでしまうこともあります。

歯周病って知らない間に命を奪うものなのです。

穴をきちんときれいにして歯肉で覆うと、三週間位で骨ができてきます。

口腔外科をやる獣医仲間は皆さん歯を抜くより、縫うほうが難しい!!と言います。勿論私も!

カラーを決して外さない!

柔らかい食事をしてもらいます。

カラーをしていても、カラーに顔を擦りつけられると、糸はすぐにちぎれてしまいます。

三週間飼い主さんも私もドキドキして

見守ります。

この子は歯を抜いても、その日から

バクバク食べてくれたので、助かりました。

3日おき位に洗浄に通ってもらいました。

糸にプラーク歯周病菌がつくと、そこに又炎症が起きますからチェックします。

 

そしてそして!

先日麻酔しなくても見せてくれたので

写真が撮れました!


f:id:petnomirai:20200211220433j:image

 

おめでとうございます!成功です。

歯肉に埋まった糸は溶けていきますが、

歯肉の外に出てるのは溶けるのが遅くなります。もうその糸のプラークを飼い主さんも触っても大丈夫です。


f:id:petnomirai:20200211220441j:image

前より、気持ちよくのんびりねるようになってくれたそうです。

 

今迄歯周病で痛かったんですねーって。

12年間の間に、嘔吐で入院されたりしたそうです。

口が痛くて丸呑みしたり、食べ辛かったのかも知れませんね。

 

良かった良かった!

これからは、もう抜かないで良いように

歯磨きと半年に一回の歯科ケアを

して下さいね!

痛い場所が無くなると、歯を触らせてくれて

歯磨きも出来るようになる犬猫も多いのです。